// //
list

ティッシュ2枚でできる!枝毛を予防する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

「しっかり、トリートメントしているのになんで!?」
枝毛って腹立たしいですよね。トリートメントをしてケアしているならなおさら。今回はティッシュでできる枝毛の予防法を紹介します。

ティッシュ2枚でできる!枝毛を予防する方法

ぬれた髪にドライヤーはNG

枝毛は髪へのダメージによって生みだされます。
しっかりとトリートメントしているのになぜ枝毛ができるのでしょうか。それは髪のかわかし方が間違っているのかも。

もしかして、ぬれた髪に直接ドライヤーをあててませんか?「えっ? ドライヤーって髪をかわかすものじゃないの?」。

それが、髪をいためている可能性があります。
実はぬれた髪はとてもダメージを受けやすくなっています。髪の表面を守っている「キューティクル」がはがれやすくなっています。そこにドライヤーをあてるとどうなるでしょう。パラ、パラ、パラと音を立て……はしませんがキューティクルがはがれ落ちてしまいます。すると、髪の毛の中にある水分を守ることができず、パサパサに。髪の毛がさけ、枝毛になってしまうのです。

「じゃぁ、髪を自然に乾かせばいいんだ!」という考えは残念ながらまちがいです。ぬれたままの髪は雑菌にとって居心地のいい環境。菌が繁殖し、かゆみやできものの原因になります。ぬれた髪にドライヤーをあてるのもダメだし、自然にかわかすもダメ……。
では、どうすればいいのでしょうか。

枝毛の予防にティッシュで余計な水分をふきとる

手順

  • タオルでおおまかに水分をふきとる
  • ティッシュでタオルで取りきれなかった余計な水分をふきとる(※これが大事!)
  • ドライヤーをあてる

髪へのダメージを0にするのは不可能です。そもそも、ぬれたままの髪にドライヤーをあてるからダメージが大きい。つまり、なるべく髪をかわいた状態にしてからドライヤーをあてれば、ダメージを最小限におさえることができるのです。ポイントはゴシゴシしないで、そっとおさえること。

毛束をティッシュではさみ、そっとおさえるだけで大丈夫です。忘れてはいけません。ぬれた髪はいたみやすいことを。ゴシゴシしてもキューティクルがはがれ落ちてしまいます。それはタオルをつかうときも一緒です。やさしく、ソフトに。

ティッシュで余計な水分をふきとることで、髪をいためる原因、ドライヤーを当てる時間を短縮。結果的に枝毛の予防につながるのです。ちなみに、髪の長い人はティッシュだと時間がかかるので、代わりに”キッチンペーパー”を使うのもいいですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。
たしかに、ティッシュで水分を拭きとるのはめんどうくさいかもしれません。しかし、枝毛の予防になること、ドライヤーのあてる時間を短縮できることを考えるととてもに合理的です。日頃のケアをしっかりし、男性陣にきれいな髪を見せつけてあげましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick