list

9割以上が女性!?ストレスによる拒食症

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちょっと痩せすぎじゃない?」「全然だよ~、太い太い」
このような会話を耳にすることは多いように他人から見ればスリムなのに、自分ではそうは感じられない女性は少なくありません。拒食症というのは摂食障害の一つで専門的には神経性無食欲症といいます。摂食障害は患者の9割以上が女性の病気。自分は大丈夫だと思ってしまいがちですが、実は誰もがなってしまう可能性のあるもの。

というのも女性だとみんなが持っているであろう美意識、それと隣り合わせにあるのがこの拒食症という病気なのです。

9割以上が女性!?ストレスによる拒食症

深刻な問題がいくつも

ダイエットというのは成果が現れると、もっともっと痩せたいと感じるものです。特に10代20代の女性ですと、痩せるほどに綺麗になれるという幻想を抱いてしまいさらに食事の制限を追及してしまうようです。そして自分でも気付かないうちに標準体型とはかけ離れていってしまうのです。ダイエット願望の強い女性なら、どこかうらやましく感じてしまう方もいるのかもしれません。

しかし拒食症には栄養失調からの体力低下、抑うつ傾向、生理不順や無月経、体型体重を標準に戻すことへの抵抗など多くの問題があります。

治療法と予防法

治療のためには正しい食事の管理はもちろん、心理的な改善も必要となります。食事をすること、太ることの罪悪感をなくさなければなりません。もともとの原因はストレスにあります。拒食症にならないためにはうまくストレスを解消すること、一人での食事をなるべく少なくすることを心掛けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick