// //
list

デンタルフロスと歯間ブラシの違いとは!?ざっくりまとめてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

デンタルフロスと歯間ブラシの厳密な違いはあるのでしょうか。調べてみたところ、比較的歯と歯の間が広い人ほど歯間ブラシが必要で、狭い人ほどデンタルフロスがオススメということです。

何故そのようになってしまうのでしょうか。実は歯間ブラシを使うべき人はかなり歯茎が弱っている人が多いのです。

デンタルフロスと歯間ブラシの違いとは!?ざっくりまとめてみました

歯肉炎や歯周病について

健康な人の歯には間がありません。歯がぎっしりつまっている状態です。

しかしながらプラーク(歯垢)が溜まると徐々に歯茎が腫れて、歯肉炎や歯周病などになってしまいます。それをデンタルフロスや歯科医院での歯石取りなどで改善して、ハブラシでしっかり磨くと、健康な歯茎を取り戻すことが出来ます。

丁寧なケアを怠ってしまうと歯と歯の隙間の部分に歯垢がたまってしまいがちです。そこから歯肉炎や歯周病につながります。

デンタルフロスの活用

そこでデンタルフロスではなかなか面倒な作業を歯間ブラシで出来るようになっています。棒状になったものが多く、サイズもSSやSサイズなどの展開がありますから、自分の歯茎の状態に合わせて選ぶことが出来ます。

使い方はデンタルフロスと同じく、動かしながらプラークを取っていきます。このように歯と歯の間にあまり隙間がなければデンタルフロスを、隙間が見えているようであれば歯間ブラシを使うことで虫歯の原因ともなるプラークを取り去ることが出来るのです。

またどちらのアイテムにしても、鏡を見ながら行うことが大切です。ながら作業にならないようにしましょう。

大事なのはしっかり汚れを落とす

デンタルフロスは糸巻き状になったものが使いやすく、汚れたらその部分を簡単に切り取ってしまえます。歯間ブラシは歯と歯の間を掃除しながら水でゆすぐか、水の入ったコップで清潔にしながら磨いていくことになります。

力加減も大切になりますから、歯茎を傷めないように鏡を見ながら加減をしましょう。プラークを完全に落とすことが出来れば虫歯や歯周病、歯肉炎とも縁がなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick