// //
list

ほうれい線ってなんで出るの!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢を重ねていくといつの間にかほうれい線ができていることがあります。若い頃には見られなかったほうれい線はなぜ出てしまうのでしょうか。その原因にはいくつかのことが考えられます。

ほうれい線ってなんで出るの!?

表情筋の衰え

まず、もっとも考えられる原因がこの表情筋の衰えです。表情筋とは顔にある筋肉のことで、この筋肉が衰えると顔の肌がたるんでしまい、ハリも失われていきます。その結果、ほうれい線ができてしまうわけです。話す時になるべく口を大きく動かしたり、硬いものを噛んだりするようにすると表情筋を鍛えることができてほうれい線予防になります。

肌の乾燥も大敵

乾燥もやはり肌のハリを奪ってしまいます。
特に冬場などは肌が乾燥しやすいのですが常に肌を乾燥させないようにすることが大切です。

保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。また、紫外線も乾燥の引き金になりますので外出する時には季節を問わず日焼け止めを塗るなどして紫外線対策をする必要があります。

肌の状態を常にチェック

上記で紹介した以外にも、ストレスや疲労、喫煙習慣などもほうれい線の原因になる可能性があります。どれも肌の状態を悪化させてしまうという共通点がありますから、日頃から肌の状態には気を配りましょう。もし肌の状態が悪いなと感じたらほうれい線が出てくるかもしれません。そうならないためにも肌の状態を良くするように心がけることが大切です。

ほうれい線は自分の心がけ次第で防ぐことが可能です。ほうれい線のせいで老けて見える、なんて言われないように注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick