// //
list

口臭・虫歯のリスク軽減!驚くべき唾液のパワー

このエントリーをはてなブックマークに追加

唾液と言うのは、実はとても大きなパワーを持っている存在なのです。一般的に唾液というと、食事をする時に消化を助けてくれるものだと考えている人は多いはずですね。

唾液の中に含まれている消化酵素は、炭水化物を食べる時などに分解を行ってくれたりします。それ以外にも多くのパワーを持っている唾液について考えてみましょう。

 口臭・虫歯のリスク軽減!驚くべき唾液のパワー

唾液の持っているパワーってどんなものがあるの?

唾液には様々なパワーがあるのですが、最も代表的なものが殺菌や抗菌の作用があることです。口の中には多くの細菌が住んでおり、虫歯菌などもその1つだと言えます。

こうした細菌の活動を抑えているのが唾液の効果であり、唾液が多く分泌されることで、口の中を清潔に保ってくれるのです。逆を言うと、唾液の分泌が少なくなってしまうと、細菌が繁殖しやすくなって虫歯や歯周病などにかかるリスクが上がってしまいます。

他にも、発がん性物質を抑制する効果であったり、口の中の粘膜を保護するような働きがあるそうです。

唾液の分泌が少なくなってくるとどうなるの?

1日に唾液は500mlくらいは分泌されると考えられているのですが、就寝中にはほとんど唾液が分泌されません。朝起きた時に口が臭いといった経験をした人は、唾液の分泌が少なくなって細菌が繁殖し、口臭の元になっていると考えることができます。

また、上でも書いたように虫歯や歯周病のリスクが高くなりますし、歯茎が腫れてしまう歯肉炎などの症状を起こすこともあるので、十分な注意が必要だと言えるでしょう。

唾液の分泌を多くするにはどうしたら良いの?

唾液の分泌を多くするには、ともかく食事の時に噛む回数を増やすことです。大人になってくると早食いをしてしまう人も増えてきますが、できるだけ食事の時には良く噛むように心がけると良いでしょう。

また、眠る時には口で呼吸をするのではなく、鼻で呼吸をして腹式呼吸をするのも効果的ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick