// //
list

歯列矯正をしていると口臭になりやすいってほんと!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

欧米では子どもが産まれた時には、歯列矯正を受けさせるためのお金を積み立てると良いと言われるくらい、歯並びには気を使うものです。最近では日本でもそうした風潮は強く、歯列矯正を行うお子さんも増えていると言って良いでしょう。

歯列矯正を行うことで歯を正しい位置にすることができ、かみ合わせが良くなる、手入れが楽になるなど多くのメリットがあります。しかし、その反面でデメリットもあると言われているのです。

歯列矯正をしていると口臭になりやすいってほんと!?

歯列矯正を行うことで口が臭くなるって本当?

一般的に歯列矯正をすることで口臭は少なくなるそうです。これは歯を正しい位置にすることで、歯磨きをしやすくなったり、歯の手入れが楽になるので、歯周病や虫歯などを予防できるからだと言えます。

しかし、一方で歯列矯正中には口臭が酷くなってしまうケースも少なくありません。

どうして歯列矯正で口が臭くなってしまうの?

歯列矯正を行うことで口臭が出る原因はいくつか考えられます。代表的な原因としては、矯正器具の間に食べかすなどが詰まってしまうことですね。

こうした食べかすは口内にいる細菌のエサになってしまうので、歯周病を患っている人の口が臭うのと同じような状態を作ってしまいます。ですので、矯正器具を使っている時には、かなり気をつけて歯磨きをする必要があります。

歯列矯正による口臭改善にはどうすれば良いの?

矯正器具の間に食べかすが詰まってしまう場合ですと、歯磨きの方法を変えるのも1つの方法です。一般的な歯ブラシではなく、水流によって歯を洗うといった歯磨きアイテムがあります。

水流で洗うので歯ブラシでは磨けない部分もしっかりと磨いてくれるので効果が期待できるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick