// //
list

気を付けて!小児頭痛の実態とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では頭痛を訴える子どもも増えているそうですね。当然ですが、子どもは大人よりも身体ができあがっていないことから、免疫機能も弱く、風邪などを引きやすいこともあります。しかし、近年では風邪や蓄膿症といった外的要因ではない頭痛を起こす子どもが増えているとのことです。

気を付けて!小児頭痛の実態とは!?

小児頭痛ってどんな頭痛があるの?

大きく分けると、小児頭痛には偏頭痛と慢性的な頭痛の2つがあります。偏頭痛の場合は不定期で起こるのですが、鋭い痛みが発することが多く、お子さんの中には気分が悪くなってしまうケースもあるようですね。特に光や音などに敏感に反応してしまうので、覚えておくと良いでしょう。基本的に偏頭痛であれば、痛みとしても長引かないのが特徴だと言えます。

もう1つが、慢性的な頭痛ですね。
長時間、長期間続くということから不登校になるきっかけになる頭痛と言えるからもしれません。人間関係や学校での生活にストレスを感じた時に発症することが多いそうです。

小児頭痛が起こってしまう原因には何がある?

頭痛に関してははっきりとした原因が解明されているとは言えません。特に偏頭痛の場合は、遺伝的な要因が強いとも言われているのですが、他にも脳の血管が過剰に反応してしまうからだとも考えられています。つまり、どれか1つに原因を絞るのではなく、複数のことが原因となっていることも多いので、まずは専門家の意見を聞くようにしたいですね。

小児頭痛を改善するにはどうすれば良いのか?

小児頭痛の原因にもよるのですが、心理的なストレスからくるものであれば、その原因を取り除くことが改善への近道です。ただ小さなお子さんの場合、自分の感情を上手く言葉にすることができないので、親御さんが時間をかけて話を聞き出してみると良いでしょう。

もう1つ、生活リズムを整えて、夜は暗くして寝るといったような生活習慣を見直していくのも大事なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick