list

何これ!脚がむずむずして眠れない!聞き慣れないレストレスレッグス症候群とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

足がなんだかむずむずする、という症状が出ていると、もしかしたらレストレスレッグス症候群かもしれません。あまり聞き慣れない言葉ですが、むずむず脚症候群と呼ぶこともあるそうです。

何これ!脚がむずむずして眠れない!聞き慣れないレストレスレッグス症候群とは

レストレスレッグス症候群ってどんな病気なの?

レストレスレッグス症候群とは、ゆっくりとしている時に脚がむずむずするような不快感を感じてしまうといった病気ですね。特に夕方や夜の時間に起こることが多く、脚を動かすことで不快感が落ちつくので、ゆっくりと眠ることができないという人も多くいます。レストレスレッグス症候群を患ってしまうことで、睡眠不足になってしまって、ストレスなどを感じるケースが少なくありません。

どうしてレストレスレッグス症候群が起こるの?

現在のところ、レストレスレッグス症候群が引き起こされるメカニズムは解明されていませんが、有力な説としてはドーパミンが上手く機能しないからではないかと考えられています。特に腎臓の機能が低下してしまうと起こりやすいとも言われており、糖尿病や鉄分が不足しての貧血、妊娠などが原因となって起こることもあるそうですね。

どうすればレストレスレッグス症候群の治療ができるの?

レストレスレッグス症候群の治療方法としては、一般的に薬物による治療と薬物に頼らない治療が並行して行われると考えてください。薬物に頼らない治療としては、鉄分を補充するようにしたり、食事の栄養バランスに気をつけたりします。

一方で薬物による治療としては、ドーパミンの機能を回復させる薬を利用していくのが一般的ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick