// //
list

育児放棄してしまう人の共通点とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、ニュースや新聞などのメディアで耳にすることが多いのが育児放棄ですね。育児放棄のことをネグレクトと呼んでいて、こちらも良く使われるようになってきたと言って良いでしょう。ここでは育児放棄をしてしまう人の共通点を考えてみます。

育児放棄してしまう人の共通点とは!?

育児放棄ってどういうことを意味するの?

育児放棄について簡単にまとめておきますと、基本的には子どもの世話をしないことです。食事を与えなかったり、お風呂に入れないといったことや、義務教育を受けさせないなども該当します。

勿論ですが、小さなお子さんの場合は、親に世話をしてもらわないといけませんので、育児放棄の状態が続いてしまうと、最悪のケースが起こることもあるでしょう。そんなことで思う親もいるのかもしれませんが、小さなお子さんは身体もできあがっておらず、大人と比較するまでもなく弱い存在なので、充分な注意が必要だと言えますね。

育児放棄をしてしまう原因ってなに?

育児放棄の原因と言っても、様々なものがあるようですね。最も多いケースとしては、どう育てて良いのか解らないというケースです。

特に赤ちゃんでも夜泣きをしたりする場合は、育児でかかるストレスも半端ではなく、結果育児ノイローゼになってしまう人も少なくありません。また、旦那さんとの夫婦仲が上手くいかないストレスを赤ちゃんや小さなお子さんに転嫁してしまうケースも多いようですね。

育児放棄をしてしまう人の共通点とはなにか?

上で書いた育児放棄の原因からでもわかるように、基本的に真面目な人が育児放棄をしやすくなるケースがあるとみたいです。真面目だからこそ真剣に向き合いすぎて育児ノイローゼになってしまうというケースや、上手くストレスを発散できないことから育児放棄に繋がってしまう傾向が強いので、

子育てをする時にはストレスを発散することも重要だと言えますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick