// //
list

共働きの子育てを円滑に進めるために

このエントリーをはてなブックマークに追加

共働きで子育てするのって大変じゃありませんか?
仕事は減っても家事労働は減ることはありません。

ですから、特にフルタイムで夫婦が働いている場合、子供は幼児なら保育園に預けられますが、お迎えからが勝負どころとなります。

共働きの子育てを円滑に進めるために

保育園帰宅後が勝負です

帰宅し、晩御飯やお風呂の準備、子供のお世話に、旦那様が帰宅したら再度ご飯、お風呂、、、と延々に続くループのようです。それ以外にも買出しや片付け、保育園の送迎などで夫婦共々いっぱいいっぱいというケースも少なくないんです。

しかしその分収入は安定しており、メリットも大きいのですが、なにぶん子供が幼児期の場合を考えるとやはり共働きを円滑に進めるには何か秘策が大切です。

主人を家事に巻き込みましょう

その中の1つに主人を家事労働に巻き込むというものがあります。洗濯機のボタン1つ押すだけでも違いますよね。

また洗濯物を一緒に干してくれると助かります。買い物も日用品は気付いたほうが購入してくる、というパターンもありです。さらに言えば、一緒に料理を手伝ってくれたり、その間に子供の相手をしてくれているなら最高のパートナーとなります。そんな円滑育児のためにはパパを育てる必要があります。

パパ頑張って、パパだと喜んでくれるよ。など、男性はけっこう単純な面もあるので、それだけの褒め言葉でかなりやる気が違ってくるようです。

悩んでいないでパパに相談しましょう

自分の時間が取れなくて子供にあたってしまったり、話を聞いてあげられなかったりする前に、パパを育児に巻き込みましょう。一緒に子供を育てていくのが夫婦です。

円滑に進めるためには決してフルタイムでなくてもパートという選択肢もあります。フルタイムにこだわるのであれば、パパを育てて、おだてて、助かるわ、ありがとう、という感謝の気持ちを常に持って接していると、次もやってあげよう!というパパの気持ちになるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick