list

抗うつ剤の種類と副作用で覚えておくべき内容

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在日本人でうつ病傾向にあると言われている成人女性男性はかなり多いと言われています。それだけストレスにさらされる機会が多いということなんですね。

抗うつ薬と聞いてもぴんとこない人もいるかもしれませんが、名前の通りうつ症状を和らげてくれる薬です。色々な種類があり、目的や用途によって使い道が分かれますが、患者と薬の相性を見ながら決定していきます。

抗うつ剤の種類と副作用で覚えておくべき内容

第一世代から大四世代まで

抗うつ薬の歴史は古く、昔から使われているものが多いようです。そんな昔の薬が現在でも活用されているので、昔では画期的な発明だったに違いありません。

まず第一世代として
イミプラン、アミトリプチリン、クロミプラミン、トリミプラミン、デシプラミン、ノルトプチリンなどがあります。しかしこれら第一世代の抗うつ薬は殆どの患者に処方されることはないと言われています。よっぽど重度の患者にしか処方しないということです。また副作用もありますから、その可能性も考えて処方しない先生も多いようですね。

第二世代としては
三環系抗うつ薬と四環系抗うつ薬があります。アモキサン、ロフェプラミン、ドスレピンなどが三環系です。アモキサンは有名な薬で、抗うつ薬としては非常に高い評価を得ている薬です。現在でも多くの患者に処方されています。マプロチリン、ミアンセリン、セチプチリンは四環系の薬ですが三環系よりも作用は弱いとされています。その分副作用は少なめです。

第三世代はSSRIという薬です。
パキシルやルボックスなどの名称で使われています。こちらはパニック障害やうつ症状に効果的で、比較的早く効果が現れてくれ、さらに副作用も少ないという点で優れている薬です。

第四世代はSNRI、トレドミンと呼ばれる薬です。
傾向としては三環系の抗うつ薬と似ている感じがしますね。副作用が少なく、効き目はマイルドです。

これら色々な薬の中から、患者にぴったりの抗うつ薬を見つけ出すのですから、時間がかかるのは仕方ないかもしれません。

副作用について

大体の抗うつ薬の副作用としてあげられるのが口渇です。喉が渇くというわけではなく、口の中が乾くというものです。

よくタバコを吸う人等は口が渇くと言いますが、それを強化したような感じでしょう。口が渇いて唇が張り付くようになってしまう人もいます。または便秘や下痢などの症状、めまいやふらつき、頭痛なども副作用としてあげられます。

SSRIやSNRIを使う医師が増えている

まず初回の患者に何の薬をためそうかという際に、医師が選択するのがSSRIやSNRIになります。マイルドな効き目ですが効果はしっかりあり、なおかつ副作用が殆ど起きない安全な薬だからです。しかしながら三環系抗うつ薬よりもやはり効能は弱く、効かない!という人もいるようですね。薬は体との相性が大切です。

特に副作用の点では抑えておいたほうが良いでしょう。第一世代から第四世代にかけては、世代が古くなるほど副作用が多くなります。しかし効果はあるため、どっちもどっちということでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick