// //
list

安心してはいけない?妊娠週期、中期の変化について・16~19週・20~23週・24~27週の時期

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中期に入ると安定期と呼ばれる時期になります。
この頃から母体が安定し、胎児も安定した状態になりますので、定期健診も月に1度となります。しかし油断してはならないのが妊娠と言うものです。流産の可能性は低くなっていても早産する可能性があるからです。

周期ごとの様子を見てみましょう。

安心してはいけない?妊娠週期、中期の変化について・16~19週・20~23週・24~27週の時期

16週から19週にかけて

どんどん胎児は大きくなり、モニターに全身が映らなくなってきます。その代わりに顔など表情が見え始める時期でもあります。この頃からバストが大きくなり始めるので、バストアップのための母乳ブラジャーを調達することがオススメです。

20週から23週について

お腹が大きくなり、目立ち始めます。
寝る体制が苦しくなってくる時期でもありますので、仰向けで寝ることが苦痛になります。そのため、横向きで寝ることが多くなります。旅行など、長期の外出がしたい場合はこの時期に行っておくとベストです。

最も安定した状態にあります。

24週から27週の危険性は?

足にむくみが出てくることがあります。
水分の摂りすぎには注意が必要となります。また妊娠線と呼ばれるものが出来始めますから、妊娠線予防のクリームでケアすることも大切です。急激な体重増加に気をつけましょう。

つわりも終わり、食欲が出てくる時期ですので、食べすぎには注意が必要となります。このように妊娠中期でも気をつけるべきことはたくさんあります。便秘などに気をつけるよう、野菜をたくさん食べたり、食生活にも気を使うようにしましょう。またこの頃の生活習慣は赤ちゃんに影響しますので、早寝早起きを習慣づけることが必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick