// //
list

産後に行う妊娠線のケア方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん出産後に妊娠線ケアを行いたいけれど、どうしたらいいのか分からない、妊娠線は消えないと聞いたけれど。と悩む妊娠線が出来てしまったママでも諦めないで欲しいのです。産後専用クリームをしっかり塗ってマッサージすることにより妊娠線を薄くすることは可能なんですよ。

産後に行う妊娠線のケア方法

引き締め効果のあるクリームを使う

産後専用の引き締めクリームというものがあります。まずはそれを使ってみましょう。妊娠線が消えるのは難しいですが、凸凹が消えて、表面が滑らかになります。また引き締め効果もありますから、たるんだお腹に有効です。

保湿を完璧にすることが大切

産後のお腹が乾燥しているとカサカサになり、ひび割れが出来やすいものです。ですから専用クリームなどを使っても良いですし、自分の好みのクリームやオイルで保湿をしっかり行いましょう。これで妊娠線もある程度は目立たなくなります。

最後はレーザー治療?

ピーリングやレーザー治療の分野では日々進歩が続いていますので、妊娠線の凸凹を消すことが出来るかもしれません。しかし出産後のデリケートな体にはあまりオススメ出来ません。医師とよく相談した上で受けるようにしましょう。このように妊娠線が出来てしまっても、ケアすることによりピンク色から徐々に白くなり、目立たなくなります。

しかし一生残ってしまうものなので、あくまで妊娠線は薄くなるだけだと認識しておきましょう。そのために妊娠中の体重の急激な増加は防いだほうが良いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick