// //
list

妊娠と国民健康保険のHowTo情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠と国民健康保険は重要な繋がりがあります。
何しろ出産一時金と呼ばれるものが国からもらえるからです。

国民健康保険加入者が出産すれば一時金として42万円が支払われることになります。
もし死産や流産であっても妊娠4ヶ月以上であれば支払われることになっています。

しかしこれは国民健康保険に加入している場合で、または他の社会保険被保険者になって1年以上に該当する女性のみとなっています。

妊娠と国民健康保険のHowTo情報

専業主婦のママの場合

被保険者としてパパの勤務先の保険に加入していることが条件として42万円が支払われます。
退職したママも同じケースでパパの加入している保険の被保険者となっていれば42万円が支払われます。

出産任意継続ママ

退職時に健康保険を維持出来るようにするもので、会社で手続きを行います。
いずれにしても42万円をもらうことが出来ます。

仕事復職ママ

産休に入るだけで産後復帰することが決まっていると、会社で保険を継続してもらうことが出来ます。
以上が出産一時金をもらうための条件となります。

国民健康保険では出産一時金として42万円が支給されることになります。
公立や市立病院などで出産した場合、夜間など特別な場合でなければ42万円でおつりがくるケースも多々あるのです。

ただし私立やクリニック、総合病院などは出産費用が高額になるため、42万円から足が出ることが殆どだそうです。
いずれにしても健康保険には加入しておくべきでしょう。

児童手当というものもありますから、しっかり申請をしておきましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick