// //
list

妊娠・出産にかかるお金と原因、症状、治療法、予防法についての知っておきたい情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠にはリスクがつきものです。男性諸君はあまり考えたことがないかもしれませんが、出産は命がけです。

実は私も肺血栓で生死の境をさまよった一人です。妊娠には流産や死産、切迫早産や早産など、色々な原因や症状があります。

これに対して治療法や予防法などがないのか調べてみました。

妊娠・出産にかかるお金と原因、症状、治療法、予防法についての知っておきたい情報

切迫早産ってどんなもの?

切迫早産とは37週より前に子宮口が開き始め、早産しかかっている場合を言います。そのため入院して安静生活を余儀なくされます。

出産出来るギリギリのタイミングまで待って、出産に望む形になります。原因ははっきりとは分かっていませんが、妊娠中毒症だったり、退治が原因だったり、まちまちです。

安静にして子宮口が今以上に広がらず、早産にならないようにするのが最善策です。

妊娠中毒症って?

人間の体は異物が入ってくるとそれを攻撃するシステムになっています。母体が胎児を異物とみなし、体に異変を起こすことが妊娠中毒症と呼ばれるものです。

高血圧や尿たんぱくなどが例となります。妊娠中毒症になると胎盤への血流が悪くなり、胎児が大きく育たなくなってしまいます。母子共に危険性があると判断されれば、帝王切開で退治を取り出す手段を選択しなければなりません。

治療法や予防、お金については?

妊娠中毒症も切迫早産も、原因はこれといったものがなく、誰でもなりえるものです。ですから医療保険などに加入している女性であれば、治療費として保険会社からお金をもらうことが出来ます。

赤ちゃんが産まれれば高血圧やむくみなどの症状は改善されますから、今の生活を規則正しく送ることが大切です。

また出産には大きなお金がかかります。
専用のクリニックだと60万、70万は当たり前、というところもありますし、医療センターなら30万円ちょっと、という場合もあるのです。どこで出産するかは妊婦さんと旦那さんが決めることなので、一生に一度贅沢がしたい!というママは、クリニックなどで優雅に過ごすと良いでしょう。

その代わりと言ってはなんですが、かなりのお金がかかることは覚悟しておきましょうね。また妊娠のリスクも去ったわけではないので、日常生活全般に対して自分が妊婦だということを忘れないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick