// //
list

やっぱり大事!便秘による肌荒れのメカニズムについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近やたら肌荒れしている、という女性はいませんか。もしかしたら便秘が原因かもしれません。

便秘をすると肌荒れという症状が起こり、カサカサ肌や吹き出物が出来たりします。何故便秘は肌荒れに関係があるのでしょうか。そのメカニズムを探ってみましょう。

やっぱり大事!便秘による肌荒れのメカニズムについて

もともと老廃物なのです!

便秘とは便が腸内に溜まっている状態で、何日も続くものです。便は食べ物のカスと言いますか、不要なものなので、便として体外へ排出されることとなります。

しかし何日も不要物である便が腸内にたまっているとガスが発生し、皮膚から有害物質を出そうと体が反応してしまうのです。

活性酸素も原因になる!

また便秘の毒素は活性酸素にもなりますので、善玉菌を殺し悪玉菌を増やしてしまいます。そして活性酸素が増えるとお肌がカサカサ、肌荒れ状態になることはお分かりでしょう。腸の状態が良ければ活性酸素も除去してくれるのですが、便秘状態の腸は「ぜん動運動」が未熟なため、それが出来ずに肌荒れという症状を起こしてしまうのです。

便秘を解消するにはどうしたらいいの?

便秘を解消して肌を綺麗にするためには、まずは朝一番にコップ1杯の水を飲む習慣をつけましょう。それで胃が刺激され、腸にも伝わり、ぜん動運動が活発になります。

それでもダメなら乳酸菌を摂る、または牛乳を飲む、食物繊維を積極的に摂るなど方法は様々です。最終的な手段として便秘薬がありますが、これはクセになってしまうので、出来れば使いたくありません。便秘を解消するには運動も必要なのです。

腹筋などはお腹に力が入りますから、力む際にラクに力むことが出来ます。お肌の老化を食い止めるには便秘を解消するしかなさそうですね。便秘とは無縁だという人もいざという時のために覚えておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick