// //
list

女性が知っておきたい女性特有のうつ症状と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性には女性ホルモンと呼ばれるものがあります。これは一生を通して変化があるもので、定まっているものではありません。

実はこの女性ホルモンがうつ病に関係しているとも言われています。現に男性より女性のほうがうつ病に2倍かかりやすいと言われています。

女性が知っておきたい女性のうつ症状と対策

うつの種類とは?

思春期には思春期ならではの悩みがあり、誰にも話せずストレスがたまり、うつ状態になることがあります。また出産でも産後うつがあるようにうつ状態に陥ることもあります。

そして閉経したことによる更年期うつと呼ばれるものがあるのです。

うつ病の始まりは?

うつ病は女性に多いと言われますが、最初の兆候としては眠れない、早朝覚醒してしまう、というものです。これが続くと寝不足になりやる気が出なくなります。

そしてうつ病へと発症してしまうのです。
自分ではうつ病だと気付かずにただ怠けているだけだと自分を卑下してしまう人もいます。しかし周りの誰かが手を差し伸べてくれていれば、それはうつ病だと気付くことが出来るのです。

新型うつが増えている?

近年の社会状況もありますが、女性の社会進出も目覚しくなってきており、ストレスにさらされることも多くなってきました。このことからも女性がうつを発症する原因となっています。

うつ病を悪化させないためには軽度のうつ状態の時にしっかり休みをとって治してしまうことです。うつ病は他の精神病と比較すると治りやすい傾向にあります。

抗うつ薬をしっかり服用し、休養を取ればまた元の生活に戻ることが出来ます。無理に頑張りすぎている人ほどうつ病になりやすいので、たまには息抜きをしてリフレッシュするのが良いでしょう。

主な治療法としては薬物療法、カウンセリングが中心となっています。薬の種類はたくさんありますが、主治医と相談し、自分に合った薬を見つけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick