// //
list

自分で出来る緑茶の便秘解消法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

緑茶には便秘解消の作用があるという説があります。一方で効かないという説もあるようですね。しかし緑茶に含まれるカテキンという成分が便秘に効果的だというのです。

自分で出来る緑茶の便秘解消法について

緑茶は効果があるのか?

お茶は殺菌作用が強く、便秘で弱った腸内を整えてくれる作用を持っています。緑茶に含まれるカテキンは小腸では吸収されず、大腸にまで届きます。カテキンには殺菌作用がありますので、悪玉菌を殺してくれる役割を持っているのです。

腸の運動を促してくれる

緑茶成分はでんぷんと結合して腸のぜん動運動をサポートしてくれる役割も持っています。そのため、便秘解消に繋がると考えられているのです。

カテキンの作用で便秘が解消する!

便秘で悩んでいる人は緑茶を1日5杯程度は飲んだほうが良いでしょう。緑茶の渋みがカテキンという成分なのです。

この成分は便のニオイを抑えてくれるほか、便のかさましをしてくれるので、便を排出しやすくしてくれるのです。このように緑茶にはカテキンと言う成分が入っており、そのカテキンが便秘解消に役立っていると考えられます。即効性のある方法ではありませんが、続けて飲んでいるうちに便秘が解消されていくと言われています。緑茶は市販されているもので充分です。

ほっとリラックスタイムにコーヒーではなく緑茶でリラックスしませんか?そうして緑茶を飲む習慣をつけていると便秘がいつの間にか治ってしまうというケースがあるということを覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick