// //
list

妊娠しやすいカラダを作るために必要なこと vol.4 効果的な食事について

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠しやすい体作りは食生活から始めることが大切です。何故食生活からなのか?というと、女性のホルモンバランスは食事から成り立っているからです。

ですから食生活で健康になり、妊娠しやすい体に作り替えていくことは大切なのです。妊娠に効果的な食事とはどのようなものがあるのでしょうか。

妊娠しやすいカラダを作るために必要なこと vol.4 効果的な食事について

血行を促進する食材を選ぶ

ポイントは赤い食材と黒い食材です。
トマト、にんじん、牛肉などは妊娠しやすい体に良いですね。

また黒い素材としては黒ゴマやわかめ、黒豆などがあります。
どれも血行を促進してくれますから、冷えから女性を守ってくれます。

冷え性が改善されると不妊も改善されると言われていますから、是非積極的に摂りたいものです。

豆乳など大豆製品で女子力アップ

豆乳などに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用を持っています。
イソフラボンを自然に食事から摂取することは大変望ましく、妊娠しやすい体に作り替えてくれます。

不飽和脂肪酸を含む食材で妊娠力アップ

オリーブオイル、アーモンドなどのナッツに含まれる不飽和脂肪酸は妊娠力を高めてくれ、なんとそれは少なく食べる人より多く食べる人のほうが3倍ほど妊娠の確率が高くなるとのことです。
是非とも摂取したい栄養素ですね。

食事というインナーケアから妊娠力アップを目指すなら、バランスの取れた食事、また不飽和脂肪酸や豆乳など、ポイントポイントで取り入れたいものがたくさんあります。
もちろんたまには手抜きをしてジャンクフードを食べても良いですが、それは最後の手段として取っておきましょう。

基本的には和食中心の色とりどりの食事が最も良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick