list

ストレスによる過食を防ぐコツってあるの!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトニン不足で過食に走る、という行動があります。
ストレスがたまると脳内物質であるセロトニンが不足して、うつ病やパニック障害、不眠症などを引き起こしてしまいます。それと同時に何をいくら食べていても満足しないという状態に陥る可能性があります。

また過度なストレスがたまると過食に走るという女性も多いようですね。過食症という精神病がありますが、それとはまた別に、たまに過食に走るという女性がいるのです。
仕事のストレスだったり、人間関係のストレスだったりすることが多いようですね。

過食を防ぐコツはあるのでしょうか?

ストレスによる過食を防ぐコツってあるの!?

罪の意識をなくす

まず過食や甘いもののドカ食いをしてしまった場合、その後に罪悪感を持たないことが大切です。私はこれだけ頑張ったのだから、これくらいのご褒美はいいだろうとでも思えばよいのです。罪悪感を持つと満足感が減りますから、また次の過食に走ってしまう可能性があるのです。

そもそもストレスをためない

ストレスで過食をやめられない人は、そもそものストレスを改善することが一番良いでしょう。仕事でのトラブルなら、一度転職を考えてみても良いかもしれませんね。また趣味の時間をたっぷりとることもオススメです。

孤食をしない

また過食を抑えられない人は満足度の高い食事を摂ることが必要です。そのためには1人で食事をせず、家族と一緒に、パートナーと一緒に、友人と一緒に食べることが望ましいでしょう。時々はしを置いてしゃべりながら、楽しく食べれば心も体も満たされますから過食に走ることが少なくなります。

以上のように過食を抑える手段をいくつかあげてみましたが、過食症のような精神病、神経症にかかってしまうと、過食行動が悪化して過食嘔吐の状態が続いてしまいます。そうならないためにも早めの段階で区切りをつけたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick