list

同居のストレスを軽減させる3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

同居をせざるを得ないという家庭もありますね。
同居を望んでする人と、望まずしかし同居する人もいます。

どちらも同じなのですが、当然のことながら義理の両親や他人同士が暮らすのでストレスが溜まります。そのストレスを改善する方法はあるのでしょうか。

同居のストレスを軽減させる3つの方法

干渉しない

まず干渉しないという点が大きいでしょう。
二世帯住宅の場合、玄関を2つ作ってしまい、それぞれの部屋に即座に入れるようにしてしまえば良いのです。

干渉するからストレスが溜まるので、干渉せずに目に触れないことが大切です。

メリットをみつけること

同居ならではのメリットを見つけてみましょう。
もし赤ちゃんがいるのであれば、姑に赤ちゃんの世話を任せ、たまには自分の好きなこと、外出して美容院にでも行ってみましょう。

すると帰宅した後に姑に自然と優しくなれます。その他、一緒にご飯を作ったり、作ってもらったりして自分はまったりくつろぐなど、メリットを見つけるようにすれば同居もそれほどつらくないということが分かります。

姑と仲良しになる

最初は他人である姑ですが、ご主人のお母さんです。悪い人ではないでしょう。

姑と仲良しになるのも1つの対策方法です。
最初から毛嫌いするのではなく、姑の良いところや自分と同じところを見つけて、姑と良い関係を築くことが大切です。

家事を手伝ってもらったり、子育てを手伝ってもらったり、一緒に買い物に行ったり、実は大変気があっていた、ということもあります。
姑を最初から毛嫌いするのはもったいないですよ。

このように同居の問題は色々ありますが、どれも義母や義父に対してストレスを感じていることが苦痛に思う人が多いようです。しかし同居している家族も人間ですから、良い悪いところはあるのが当然です。それをしっかり覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick