// //
list

歯列矯正をしていると口臭になりやすいとかってあるの!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科矯正しているとどうしても口臭が気になるという人が大勢います。実際器具をつけていると食べ物のカスがそこにたまり、綺麗に磨けない状態になり、細菌が繁殖して口臭になるというわけですね。

ですから歯科矯正をしている人が口臭に悩むのは仕方ないことだと言えるでしょう。しかしそのままで過ごしていれば他人にも不快に思われますし、自分自身も嫌な思いをします。

歯列矯正をしていると口臭になりやすいとかってあるの!?

口臭は細菌のニオイ

口の中には様々な細菌がいます。
その中で新陳代謝ではがれた粘膜やその他色々な物質が口の中で分解され、硫黄化合物となるのです。

口臭は色々なガスがまじりあって出来ているので、とても嫌なニオイがするのです。

唾液が少ないと口臭が酷くなる?

また唾液が少ないと口臭が酷く感じるという人もいます。口の中がぱさぱさになっていませんか?

そのような状態の口の中は最近の温床となっています。唾液が多いと唾液に飲まれて細菌が体内に入り込みますが、唾液が少なければ細菌やガスのニオイがそのまま体外へ排出されてしまうのです。

ガムなどを活用して口臭を防ぎましょう。

歯科矯正ではただしく歯磨きが出来にくい

歯科矯正をしていると、器具をつけていますから、その器具の間に食べかすが非常に溜まりやすい状態になります。すぐに食後歯磨き出来る環境であれば歯磨きをすればよいのですが、どうしても器具の間にはさまって取れない細かいものもあります。

このような場合はやはりガムを噛んだり緑茶で口をゆすいだりしてその場をしのぎましょう。歯科矯正をしていると口臭が強くなるというのは本当のことらしいですね。

しかしガムをかんだり、定期的に歯科医院に通って矯正部分の掃除をしてもらうことによって大分口臭を抑えることが出来ます。何もしないより、したほうが良いので、あなたももし口臭で悩んでいるのなら対策を考えてみるのはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick