// //
list

顔のたるみができる、やってはいけないNG習慣とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの間にかしわが増えている、顔がたるんできている!?と感じたら一大事。あなたの生活習慣を見直さねばならないかもしれません。やってはいけない習慣をついついやってしまっている可能性があります。その可能性について考えてみましょう。

顔のたるみができる、やってはいけないNG習慣とは

お酒を飲む

アルコールは脱水症状を起こすということで知られています。同時に肌の水分も奪われてしまうんですよ。

これではしわやたるみが出ても仕方ありません。ついつい深酒をしてしまうという人はこのことを念頭において飲酒量を調節しましょう。

ストレートネックとは?

1日あなたはどれくらいの頻度でパソコンやスマートフォンとにらめっこしていますか?仕事で仕方なくパソコンワークをする人も多いと思うのですが、実はこのパソコン作業こそがたるみの原因になっている可能性があります。前かがみになるせいで首を突き出した状態になり、ストレートネックと呼ばれる状態になるのです。正常な人の首はカーブを描いているのですが、ストレートネックの人はまさに首の骨が直線になっています。

これがたるみの原因であると分かったのであれば、姿勢を正す、適度に休憩を入れるなどの手段を取りましょう。

熱いシャワーは禁止!

また冬場など、熱いお風呂に熱いシャワー、気持ちいいですよね。
でもちょっと待って!

熱いシャワーをそのまま顔にかけてしまってはたるみの原因になるのです。肌を保湿している角質がはがれてバリア機能も失われてしまいます。それによってたるみが出てくると言われています。

以上3点あげてみましたが、その他にも頬杖や油分の多いクリームを使いすぎるなど、いつの間にか習慣になっていることがたるみの原因になっていることが多くあります。あなたに当てはまるものがありましたか?しわやたるみをなくすためには正しい知識が必要なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick