// //
list

10歳は老けて見える!?ほうれい線の溝を解消する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほうれい線って女性にとって大敵ですよね。
10歳は老けて見られることもあるほうれい線、消せるものなら溝を消してしまいたいものです。

そんなほうれい線の溝を埋める解消法はあるのでしょうか。

10歳は老けて見える!?ほうれい線の溝を解消する方法

表情筋を鍛える

ほうれい線は表情筋が衰えて出来るものです。
ですから表情筋を鍛えることがひいてはほうれい線を消すことが出来るようになるのです。よく笑う人にほうれい線が出来やすいのはそのためなんですが、笑しわを防ぎつつ、ほうれい線をケアするには表情筋トレーニングが必要となります。

ベロ回し体操というトレーニングがあります。
口を閉じてベロをぐるりと口の周り一周します。それを20回繰り返し、1日3セットくらい続けましょう。

ほうれい線エクササイズ

ほうれい線の溝を埋めるための筋肉を鍛えるためのエクササイズをします。両手の人差し指で唇を横に広げます。筋肉を弛緩させ、弾力を持たせることによってほうれい線の溝を埋めることが出来ます。人差し指は上下に動かしたり左右に動かしたりします。

また口をすぼめたり、大きく開けたりしましょう。最後に口の外側から内側へ円を描くよう緩んだ筋肉を引き締めます。

ヒアルロン酸注射

最後にほうれい線の溝を埋めるためにヒアルロン酸注射という手段もあります。皮膚が持ち上がりほうれい線の溝も目立たなくなるためふっくらリフトアップが叶います。即効性がありますので、すぐに溝を消したい、ほうれい線をなんとかしたいという人にはオススメです。

このように色々な方法でほうれい線を解消することが出来ます。最後のヒアルロン酸注射は医療機関で行うことが必要となりますが、麻酔を使いますのでそれほど痛みを伴わないので人気があります。アレルギーの心配もありませんのでアレルギー体質の人にも向いています。エクササイズは普段いつでも出来るものなので、お風呂の中など、手の空いている時に行うと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick