// //
list

水分不足?赤ちゃんの便秘を解消する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんは基本的に便秘になりません。
腸内環境が整っており、善玉菌が多いため、規則的にうんちをしてくれます。

しかし中には便秘になる赤ちゃんもおり、そのような赤ちゃんを持つママは心配になるでしょう。2、3日うんちが出なかったら便秘?と思ってしまいますが、機嫌よく母乳やミルクを残さずごくごく飲むようだったら安心です。赤ちゃんは生後1か月くらいからうんちを腸内にためておくことが出来ますので、機嫌が良ければ問題ないのです。

水分不足?赤ちゃんの便秘を解消する方法

綿棒浣腸で解決

便秘で何日も便が出ていない、という赤ちゃんに対しては綿棒浣腸が最も効果があるでしょう。肛門の中に赤ちゃん用の細い綿棒を入れ、くるくると回すようにします。

するとその刺激により便が出てくるのです。何度も頻繁に行うと刺激に肛門が慣れてしまうため、この肛門浣腸が効かなくなることがありますから、綿棒浣腸は最終手段として使うほうが良いですね。

ベビーマッサージを行う

次にベビーマッサージを行いましょう。
ベビーオイルなどで滑りをよくした赤ちゃんのお腹を優しくくるくる時計回りにマッサージします。赤ちゃんも気持ちよいのでじっと大人しくしているでしょう。マッサージはいくらやっても害はありませんから、スキンシップの一環として行っても良いですね。

離乳食には注意が必要

また離乳食を始めると便秘になる赤ちゃんが多いようですが、それは固形物を食べ始めたからなんですね。その場合はイモ類や海藻、水分などを大目に摂るようメニューを工夫しましょう。

このように色々な便秘解消法がありますが、最も効果的なのはやはり綿棒浣腸です。即効性がありますから、苦しがっている赤ちゃんをスムーズに楽に排出させることが出来、赤ちゃんもすっきり出来ます。くせになるのが厄介ですが、毎日行わなければ大丈夫でしょう。また離乳食後の便秘は食事メニューに問題がある可能性がありますから離乳食メニューを工夫することがオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick