list

介護が必要な状態とは?レベル分けについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

介護が必要な区分と言うものがあります。
これは国に定められたもので、要支援から要介護までレベル分けされているのです。

それによって介護保険料や受けられるサービスが異なってきますから、自分や自分の親がどんなサービスを受けることが出来るのか、区分をしっかり認定してもらいましょう。

介護が必要な状態とは?レベル分けについて

要支援について

要支援とは介護は必要ではないけれど、支援をすれば自分で出来るという状態のことです。
要支援1では生活機能に若干低下が見られる状態です。

ヘルパーサービスなどを受ければ生活が出来るレベルです。要支援2も生活機能の一部に低下が見られます。

こちらもヘルパーを利用すれば生活出来ますから介護の区分には入りません。この要支援には予防給付と呼ばれるものが給付されます。

支援の度合いによって異なりますので調べてみましょう。

介護区分について

介護区分は1から5まであります。
要介護1は身だしなみなど身の回りの世話が必要な場合になります。

介護区分2は軽い介護が必要な段階で、排せつや食事で援助が必要になってきます。
介護区分3になると立ち上がりや歩行が困難になります。

介護区分4は重度の介護が必要なケースです。
排せつはもちろんお風呂や衣服の着脱など、殆ど生活の全てを援助してもらわねばなりません。

介護区分5になると言葉のやりとりが困難になり、生活全般についても介護が必要になります。
また寝たきり状態も介護区分5に指定されています。

介護を一人で頑張らないで

介護が必要となった両親を、一人で面倒を見るのはとても大変なことです。おむつ替えや食事の介助、衣服や歩行のケアなど、やるべきことはたくさんあります。

介護うつなんていう言葉がありますが、一人で抱え込んでしまって自分がうつ状態になってしまうことです。そうならないためにもヘルパーや公共のサービスを上手に使って対象者を支援しましょう。

あなた自身もいつかは介護が必要になる時代が来るかもしれません。しかし実際介護をしている場合であれば、一人で抱え込まず公共のサービスをうまく利用して、一人の時間を作ることも大切です。

介護は長帳場となりますから、キリキリしていては務まらないのです。多少精神的に余裕があったほうが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick