// //
list

本当のところどうなの?高齢出産の基礎知識やリスクについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢出産には色々なリスクがつきまといます。
もちろん高齢出産でも健康な赤ちゃんを産む人もいますが、リスクは20代の頃と比べると圧倒的に多いと言われています。

俗に35歳が出産の折り目だと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。
高齢出産に伴う基礎知識、そしてリスクをあげてみましょう。

本当のところどうなの?高齢出産の基礎知識やリスクとは

30歳を過ぎると卵子が老化する

実は卵子は胎児の頃から女の子は持っていて、赤ちゃんとして産まれてきた段階でも減っています。卵子は徐々に減っていきますし、生理以外でも減りますから、当然寿命があります。

寿命があるということは老化もあるということです。
卵子が老化していると受精卵になりにくく、例え着床しても流産の可能性が高くなります。このことから高齢出産は危険だと考えられているのです。

妊娠高血圧のリスク

妊娠高血圧は20代の妊婦に比べると30代の妊婦のほうが確率は高くなります。むくみ、尿たんぱく、高血圧などの症状が出ますから、入院ということになりかねません。

この妊娠高血圧を早めの段階で発見すれば大事に至りませんから、妊婦健診は必ず受けるようにしましょう。

ダウン症の赤ちゃんの出生率が増える

ダウン症の赤ちゃんは羊水検査などで調べることが出来ますが、お腹に宿った命をそうそう簡単に捨てることは出来ませんよね。30代になるとダウン症の赤ちゃんが産まれる確率は100人に1人の割合になり、かなり高くなります。

20代では1350人に1人程度ですから、やはりリスクは高くなります。このような赤ちゃんを育てていく自信が自分にあるのかどうかというところも問われるところです。

以上のように高齢出産にはリスクが付き物です。
また妊娠しづらくなっていくということもあります。

これは卵子の老化もありますが、男性の側の原因もあります。男性の精子は毎日作られていますが、鮮度が落ちてきますから、やはり男性も高齢になるとパートナーに対して妊娠しづらい精子を送ることになってしまいます。

一番の問題は先天性異常のある赤ちゃんが産まれることですね。これはリスクが高いと思います。

それでも赤ちゃんが欲しい!という人は、日ごろの食生活や生活リズムに気を付けることが必要です。健康な生活を送っていると、高齢出産でも元気な赤ちゃんを産むことが出来るのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick