// //
list

20~30代女性に増加している「非定型うつ病」って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病ってご存知ですか。
知らない人のほうが少ない気もしますが、うつ病は精神的にうつ状態になり、何もやる気が起きなかったり、いつも気だるい状態が続いたり、さらには自殺企画などをしたりと危険な病気と言えます。

しかし比較的新しい病気である非定型うつ病と呼ばれるものがあります。これはいったいどのような症状が出てくるのでしょうか。

20~30代女性に増加している「非定型うつ病」って何?

通常のうつと非定型うつ病の違いとは?

睡眠に対しては、うつ病の場合、早朝覚醒など寝付けない場合が多く、または一度眠っても早朝に覚醒し、その後眠れないことが多いのですが、非定型うつ病では普段より多く眠ってもまだ寝たりないという状態にあります。

躁うつ病と似ているところも

非定型うつ病は躁うつ病と似ているところもあります。
1日のうちに感情の変化が激しく、落ち込んだりテンションが高まったり、周りの人間はそれに振り回されることになります。

何気ない一言がその人を傷つけてしまうケースもあり、他人から見ればそれだけのことでどうして?と思うことでも非定型うつ病の人にとっては重大なことだったりするのです。

パニック発作の発症

非定型うつ病の患者にはパニック発作が起こる可能性が高いです。パニック発作やパニック障害は今までも起こりえている症状なのですが、非定型うつ病になってから頻繁にこの症状を起こす人が増えているのです。

パニック発作の特徴は突然の息苦しさや過呼吸、めまいやふらつきなどです。
このように非定型うつ病は比較的新しい病気なので、医師も判断するのが難しいと言われています。

また非定型うつ病はうつ病と同じく、優等生タイプがかかりやすい病気だと言われています。非定型うつ病を防ぐためには、または症状を軽くするためには生活スタイルを規則正しくしたり、食事のタイミングを毎日同じにしたり、サイクルを正しくすることが一番です。

心療内科、精神科などを受診することもオススメです。
薬で心が安定することもありますから、今では精神科にかかっている患者さんも少なくありませんからそれほど敷居は高くないでしょう。自分がもしかしてあてはまっているかも、と思われる方は一度受診してみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick