// //
list

男性必見!お腹や足が冷えるとなぜ下痢になるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性は胃腸器官が弱い人が多いです。
少し食べ過ぎただけでもお腹を下す人がいるとのこと。

女性は逆に便秘気味の人が多いのですが、どうしてお腹を冷やすと下痢になるのでしょうか。また足が冷えると下痢になるとも言います。

それらの理由を解明していきましょう。

男性必見!お腹や足が冷えるとなぜ下痢になるの?

足やお腹が冷える

足が冷えると必然的にお腹も冷えていることになります。すると腸内環境が悪くなって下痢を起こすようになります。

足腰の冷えには気を付けて温めるようにしましょう。

命を守るための症状

自分の体は自分の体を守るための防御本能というものを持っています。お腹が冷えると内臓が冷え、病気になりかねませんので、下痢という形で体が命の危険からあなたの体を守っているのです。

お腹が冷えている場合は内臓の冷えを防ぐために体を温めようとして水分が排出されるのです。それが下痢という症状なのです。

対処法としては温めることが第一

お腹や足先が冷えると下痢になる人は、はらまきや靴下の2枚履きなどでしっかり体を温めることが対処法となります。栄養バランスの取れた食事も必要ですし、食べ過ぎ飲み過ぎを防ぐことも大切です。

またリンパマッサージなども効果的です。
お腹の冷えている場所を中心にマッサージをすれば、下痢を防ぐことが出来ます。

このように体には防御本能が備わっていますから、内臓や命を危険にさらさないように下痢という症状で体を守っているのですね。しかし下痢が続くと厄介なものですから、常に体を温めておく必要があります。

体の末端などは特に冷えやすいですから、日ごろから注意して温めておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick