list

冬も要注意!脱水症状が危険なワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏よりも冬のほうが脱水症状が起こり危険だということを知っていましたか?冬場は大気が乾燥しています。

そのためお肌の乾燥には気を付けている女性も多いでしょう。保湿ケアをしっかりしているのは良いのですが、それはお肌だけで良いのでしょうか。

実は体内でも乾燥していることがあるんですよ。

冬も要注意!脱水症状が危険なワケ

冬は水分補給が少ない

冬になると自然と水を飲まなくなりませんか?
乾燥しているのに水を飲まなければじわじわと脱水症状が起こってしまいます。

また、トイレが近くなるからといって水を控えている人もいますね。そういう人こそ脱水症状に気を付けなければならないのです。

脱水症状の兆候とは

夏より口臭が酷くなる人はいませんか?
そのような人は乾燥が原因で唾液が充分に出ていない可能性が高いです。

そのため脱水症状を起こしかけている可能性があります。また乾燥肌の人も自然と体が乾燥しますから脱水症状になりやすいと言えます。

何故脱水症状は危険なのか

冬の脱水症状は何故危険なのでしょうか?
冬はかくれ脱水というものがあり、見た目や自分の感覚では脱水症状とは感じないことがまず危険です。そのまま脱水症状が続けば脳こうそくや心筋梗塞の危険性が高まります。かくれ脱水を見つけるためにも口の中の粘つきや口臭、トイレの回数など気を付けてみると良いでしょう。

このように冬場の脱水症状は見つけにくいのが特徴です。脱水症状になると血栓が出来やすく、それが血管に詰まって心筋梗塞や肺血栓、脳梗塞を起こすのです。

冬場も身近なところに水を置いて、定期的に水分補給を心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick