// //
list

密接な関係が?排卵日と頭痛の意外な関係・症状と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

1ヶ月に1度、決まった時期に頭痛が起こることはありませんか。
頭痛の度合いもひどい場合から軽い場合までありますが、1日中続くようなら仕事や作業に手がつかないと言うこともあるでしょう。

片頭痛だと思っている方もいるかもしれませんが、もしかしたら排卵日に起こる頭痛かもしれません。

密接な関係が?排卵日と頭痛の意外な関係・症状と対処法

排卵と頭痛の関係

実は排卵日の不快な症状に悩んでいる人は大勢います。
頭痛以外にも腹痛や下痢、熱っぽい、だるいといったさまざまな症状があるようです。

なぜ排卵日に頭痛が起こるのかと言うと、女性ホルモンが関わっていると言われています。
女性ホルモンは生理周期にあわせて2種類分泌されるのですが、排卵の際減ってしまうのがエストロゲンです。

エストロゲンは頭痛を起こすきっかけになると言われているセロトニンと深いかかわりがあり、セロトニンという脳内物質が減ることで、体中の血管を拡張させてしまうそうです。
すると排卵日には頭の中で血管が拡張し、三叉神経を刺激、頭痛を引き起こしてしまうということです。

頭痛の対処方法

片頭痛だと思って頭痛外来にかかったことがある、と言う方もいるかもしれませんが、片頭痛と言うことで薬を処方されたり、対処療法を勧められたりしたかもしれません。
頭痛を和らげるにはやはり頭痛薬が一番手っ取り早いようですが、骨盤ストレッチを行う、アロマを焚いてリラックスする方法があります。

また排卵日に起こる頭痛やそのほかの症状を抑えるにんじんや大豆製品を摂るといいと言われています。

対処療法を取り入れて婦人科に相談も

排卵日の頭痛はにんじんや大豆製品を摂ったり、骨盤ストレッチをして対処療法をすることが良いと言われています。
ですがあまりにも辛いようなら、ほかの病気が隠れていることもありますので、一度婦人科を受診すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick