// //
list

知っておきたい!うつ病の人が休職を考えるときの大切な情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病は本当に辛く、日常生活や仕事にも影響を及ぼすことが多々あります。
しかし誰にも理解されない悲しみや、心が弱いからなると言われ続ける恐怖感があり、なかなか人にはうつ病のことを言い出せない、と言う人も多いものです。

ですが仕事に影響が出る、あるいはうつ病の原因が仕事にあるなら、思い切って休職を考えましょう。

知っておきたい!うつ病の人が休職を考えるときの大切な情報

休職はうつ病回復の手がかり

うつ病で仕事を休むなんてできない、このまま服薬治療で仕事は続けたい、と言う人もいるかもしれませんが、実は休職を選んだ人のほうがうつ病からの回復は早いと言われています。仕事を休むことなんてできない、そう考えているからこそ、うつ病は進行するのであり、休むことでうつ病は回復傾向が見られるようになると言うことです。

休職するためにはまず長期休暇を取ってみる

いきなり休職するのは難しい、という人は、まず長期休暇を取ってみるといいようです。その上で、診断書を医師からもらい、休職に切り替えることもできるでしょう。

ただその前に確認しておきたいのは会社規定です。
就業規則によって、休職中の扱いや給料のことなどがどのように書かれているか確認しましょう。

休職中は傷病手当がもらえますので、健康保険組合に問い合わせるか、可能なら直接会社の人事労務担当者に聞いて見ましょう。

年々増加するうつ病

実を言えば、うつ病患者は年々増加しています。
会社員のうつ病は、会社に見放されたくないという中高年がなりやすいうつ病と、自分のしたいことが分からないという若者に見られる現代型うつ病があるそうです。

うつ病は再発する確率が非常に高いといわれていますので、まずはうつ病になったきっかけを探しましょう。休職中に心身ともに回復させ、復職することで、うつ病と向き合い対処できるようになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick