// //
list

知っておきたいメカニズム!妊娠中のバストアップについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠するとバストアップしやすくなる、という話を聞いたことがある方もいるでしょう。芸能人もブログでバストが2サイズアップしたと言っているのを聞いたことがありませんか。

しかし授乳が終わると一気にバストが元に戻ってしまう、という話もあります。ではなぜ妊娠中はバストアップするのでしょうか、そのメカニズムを見てみましょう。

知っておきたいメカニズム!妊娠中のバストアップについて

なぜ妊娠するとバストアップするのか

妊娠すると本人が気づかない間に大きくなることもありますが、胸がもともと小さいという方ほどバストサイズの変化に驚くこともあるでしょう。
なぜバストアップするのかというと、母乳を作る準備がすでに始まっているからです。

妊娠すると、女性の体は産後赤ちゃんに栄養を与えるために母乳を出す準備をします。女性ホルモンが影響することで乳腺が発達し、膨らむことでバストも自然と大きくなる、ということだそうです。

バストケアが大切になります

妊娠中、授乳中は見事なまでにバストが発達するのですが、授乳が終わると乳腺も元に戻りますから、バストは垂れ下がるようです。バストが垂れるのを防ぐためにも大胸筋を鍛える、バストアップできるブラジャーを選ぶなど、バストを垂らさないケアが必要と言われています。

そのためには授乳中は母乳を左右同じくらい飲ませ、産後のブラジャーは正しいサイズのものを選ぶことが大切だそうです。

バストは自然と発達するもの

もともと女性は成長期に入ると、女性ホルモンの分泌が活発になり、乳腺が発達、バストも大きくなります。バストアップのために分泌されるのがエストロゲンとプロゲステロンですが、妊娠すると乳腺が発達するためにこれらの女性ホルモンが活発に分泌されるのだそうです。

ですから妊娠するとバストが大きくなる、というのは、女性が赤ちゃんを守り、生み、育てるために必要な自然の摂理だということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick