list

なぜ女性は膀胱炎になりやすい?知っておきたい原因と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分自身、あるいは身近な人で膀胱炎に悩んでいるという人はいませんか。実は女性に多い病気として膀胱炎が挙げられており、泌尿器科を受診する人は少なくありません。

ではなぜ女性が膀胱炎にかかりやすいのでしょうか、その原因と対策を見てみましょう。

なぜ女性は膀胱炎になりやすい?知っておきたい原因と対策

なぜ女性が膀胱炎になりやすいのか

膀胱炎の症状は排尿時に現れ、尿意を感じることが多い、排尿痛があるといったことが代表的です。
実は女性の体の構造と膀胱炎は関係があり、細菌感染によるものが非常に多く、尿道が男性よりも短い、直線的な女性は、大腸菌が侵入しやすく感染しやすいと言われています。

膀胱炎にならないためには

膀胱炎を予防するためには、細かなところに気を配ることが大切です。たとえば生理時のナプキンやおりものシートを定期的に取替え、長時間着用しないようにすることが挙げられます。

また性行為をした場合は、終わったらすぐにトイレへ行きおしっこを出しましょう。実は性行為でも膀胱炎になることがありますので、排尿することで細菌を外に追い出すことが予防につながります。

症状が軽ければ水分を摂取することも有効だと言います。

ほかの病気の場合もあります

膀胱炎に似た症状が出る病気として、尿道炎や腎盂炎、間質性膀胱炎、尿路結石に膀胱がん、子宮内膜症などがあります。
また膀胱炎を放置しておくと、腎炎などになってしまうこともありますので非常に危険です。

中には命に関わる病気もありますし、症状が非常に辛いものですから、無理をせずに排尿痛や高熱などの症状が現れたら早めに泌尿器科を受診しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick