list

事前に知っておきたい!赤ちゃんが突然嘔吐してしまう症状と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんは突然吐くことがありますが、それを知っていてもやはり驚いてしまいます。咳き込んでしまった、鼻水が気管に入って吐いたなどという場合は分かりますが、予想もしていないときに突然吐くと慌ててしまいます。

では赤ちゃんが突然吐くときはどんな病気が考えられるのでしょうか。

事前に知っておきたい!赤ちゃんが突然嘔吐してしまう症状と対処法

赤ちゃんの胃はまっすぐ

生まれて間もない赤ちゃんの胃はまっすぐ直線状になっているそうです。
つまり、大人の胃のように受け皿がありませんから、母乳やミルクが逆流しやすくなるのだそうです。

しかも筋肉も未発達ですから、ゲップが上手にできない、飲んだ直後に運動したなどという場合、吐きやすくなってしまうようです。ですがこの場合、ミルクが足りなくて泣くか、けろりと元気に過ごしているかのどちらかですから、さほど心配する必要はないと言うことです。

病気が隠れている場合の症状

赤ちゃんの嘔吐で心配される病気はロタウイルスなどに見られる胃腸炎や感染症、食中毒です。病気によって吐く場合、繰り返し何度も吐きますし、ぐったりとしていて顔は真っ白、唇もカサカサしてきます。

半日~1日程度で治まるようですが、脱水症状に気をつけ、その後襲ってくる下痢に備えることが肝心だそうです。

受診の目安

赤ちゃんが吐いたから受診した方が良いのでは、と思うこともあるでしょうが、受診の目安としてはぐったりしている、顔色が悪い、おしっこが出ない、水分をほしがらないという場合です。脱水症状の場合、天敵で対処しなければなりませんから、早めに病院を受診し、嘔吐物は直接手で触れずにマスクと手袋を着用して処理しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick