// //
list

歯の骨が溶ける原因まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の骨が溶ける。聞いただけでもなんだか怖いですよね。しかし実際、歯が溶ける原因を持っている人はたくさんいるのです。それを自覚しているかしていないかだけの違いなんですよ。あなたもきっとその一員なのかもしれません。ここでは歯の溶ける病気についてご紹介します。

歯の骨が溶ける原因まとめ

歯周病で骨が溶ける!

歯周病は単なるおじいちゃんおばあちゃんの病気だと思っていませんか?
または歯磨きし忘れが原因のものだと思っていませんか。確かに歯磨きをしっかりしなければ歯周病になります。しかし、歯周病は多少なりとも大人なら誰にでも起こりえます。

歯周病が酷くなると歯の周囲を溶かしてしまうのです。
また、歯の歯槽骨と呼ばれる歯をしっかり支えてくれている部分が溶けていってしまうのです。そうなると歯槽骨は弱くなり、歯茎に立っていられなくなって歯が抜けてしまいます。

歯槽膿漏とは?

これも歯周病の一種です。歯磨きの際に歯茎から血が出たことはありませんか?歯茎が腫れている証拠なんですよ。刺激によってすぐに出血するため、歯槽膿漏という病気が疑われます。
歯茎が下がって歯の根っこが見えて、そこが染みるということも多々あります。ですからしっかりした歯磨きが必要となります。歯槽膿漏が進行すると歯が溶けてゆき、最終的には歯が抜けることになります。

治療法・予防法はあるの?

歯が溶ける病気は他にも色々ありますが、何をおいても一番は歯磨きでしょう。歯磨きがしっかりしていなければ歯周病も治せません。基本的なことですが、しっかり歯磨きを、歯を磨くというより歯と歯茎の間を磨くようにしましょう。歯周ポケットと呼ばれる部分を丁寧に磨くことによって虫歯や歯周病を防ぐことができます。
歯磨き粉はできれば使わず、水だけでしっかり磨くことに集中することが大切です。歯磨き粉のタイプとしては、泡立たないものが便利です。長く磨くことができますからね。

あなたの歯は大丈夫でしょうか?
歯茎が下がっていたらそれは歯周病のサインです。歯の骨が溶けるという怖いことにならないためにも一度歯科医院を受診してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick