// //
list

どれが最適?インプラント・差し歯・ブリッジ(各治療法のメリット・デメリット)

このエントリーをはてなブックマークに追加

もし自分の歯が欠けてしまったり抜けてしまった場合、インプラントや差し歯、ブリッジなどの選択肢があります。どれが一番症状に適しているのでしょうか。

どれが最適?インプラント・差し歯・ブリッジ(各治療法のメリット・デメリット)

インプラントとは

インプラントのメリットは入れ歯や差し歯と異なり自分の歯のように噛めることが大きいです。

インプラントは手術が必要になりますが、自分の歯と同じく今までどおり噛むことが出来、メンテンナンスをしっかりすればずっと使い続けることが出来ます。歯の根っこがない人でも歯を作ることができるのが最大のメリットです。

差し歯はどうなの?

差し歯は根っこが残っている状態でそこに歯をさしますから、ベストと言えばベストです。差し歯に出来る条件は歯の根っこが残っていることです。

ですから交通事故などで歯が途中から折れた、という場合は保険適応などで安く差し歯にすることができますから、費用を浮かせたいという人にはオススメでしょう。

ブリッジって何?

ブリッジは神経のある歯と、ない歯とで寿命が異なります。
神経のない歯は噛む力でも割れてしまうことがあるのです。神経のない歯をブリッジにした場合、ブリッジにしてある歯が1本虫歯になってもブリッジはすぐには取れませんが、土台の歯の虫歯が進行してしまう可能性があります。そして土台の歯には相当な負担がかかることもお忘れなく。

このように歯科医院で行われる治療にも様々な方法があります。最近の主流はインプラントとなっていますが、やはりしっかりした土台に歯を埋めることができるので、半永久的に使えることが魅力でしょう。少々お値段は高いですが、それだけの効果はあるということですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick