// //
list

保険診療で対応出来る歯科治療まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

できてしまった虫歯は当然自分で治すことはできません。ですから必然的に歯科医院に通うことになるのですが、思った以上に虫歯が進行しており、治療に時間がかかるというケースも少なくありません。
そこで今回は気になる保険適応でできる虫歯治療やその他の治療について考えてみたいと思います。

保険診療で対応出来る歯科治療まとめ

虫歯治療費について

諸費用はまずレントゲンや保険点数の変更で異なりますが、初診料と最初の治療の負担額3割負担で済むことになります。1日で終了するような小さな虫歯の場合は2000円程度で済む可能性が高いですから、それほど心配しなくても良いでしょう。

銀歯を入れる場合

虫歯を除去し、歯形を取って銀歯を入れるという治療になると、費用はもう少しかかってきます。保険適応になりますが、詰める銀歯では4000円程度、被せる場合は4500円程度となります。

また虫歯が進行しており神経を抜く作業に入ると、プラス4000円程度になりますから、虫歯は早いうちに治しておきたいものです。

セラミックの歯はどうなる?

セラミックの歯が人気を集めていますが、それは銀歯よりも目立たないからでしょう。特に前歯の場合、セラミックにするケースが多いようですね。しかしこのセラミックの歯は保険適応外なので、コストが高くつきます。

その他の治療について

またブリッジは保険適応で、12000円程度となっています。歯がない部分の前後の歯をブリッジが入るよう削り、その後ブリッジを入れます。
入れ歯の場合は5000円程度になります。

保険適応の場合、やはり診療費や治療費はかなりやすくなりますから、皆さん保険治療の中で治療を行う人が多いようですね。しかし、こだわっている人は自己費用で治療する人もいますから、これは個人差とみてよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick