// //
list

治療比較!金歯と銀歯とセラミック、いったい詰め物はどれが良いのだろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、虫歯を治療した場合、詰め物は一体何が一番いいかしら、と迷う人も多いでしょう。保険適応できるのは銀歯、でも目立ちますよね。特に前歯なんて銀歯にできるはずもありません。
金歯という方法もありますが、これは健康上口の中ではいいようですが、保険適応ではないので、かなり高額なお金がかかります。最後にセラミックという手もありますが、こちらも保険適応外なのでそれなりにお金がかかります。

一体どの選択肢が一番良いのでしょうか。

治療比較!金歯と銀歯とセラミック、いったい詰め物はどれが良いのだろう?

見えない場所は銀歯でもOK

見えない奥歯なら、銀歯でもOKでしょう。しかし銀歯は徐々に溶け出して歯茎を黒くしてしまう可能性がありますから、それも考えた上で銀歯を選択しましょう。保険適応なので、3,000円程度と割安ですし、手軽にチョイスできます。

金歯の場合は?

金歯は保険適応外なので40,000円から50,000円かかるところも珍しくありません。補償がありますが、歯科医院によって補償内容も異なります。また金歯なので、目立つ箇所には使わないほうがベストです。キラキラ耀く歯を別の意味で見せたくはありませんよね。

セラミックの場合は目立たない!

最後にセラミックですが、こちらは白いので目立ちません。それが最も大きな利点でしょう。しかし自費扱いになりますので、こちらも費用がかかることは覚悟しておきましょう。
どうでしたか?

金歯銀歯、セラミックなど、色々な詰め物がありますが、何をチョイスしましょうか。保険適応なら銀歯が最も格安です。金歯とセラミックはメンテナンスさえすれば一生ものですので、それなりにお金を払う価値はあります。全てが保険適応であれば良いのに、と思いますが、そうはいかないのがクリニックや病院なんですよね。症状に応じて最適な選択が出来るよう、しっかりお医者さんと相談しましょう。

しかし一つだけ言えることは、前歯に銀や金を選択することはやめておいたほうがよいと思われます。それは金額ではなく、見た目的に、という意味でです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick