// //
list

歯が黄色くなるだけじゃない。。タバコは歯に対してこんなに危険まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

タバコを吸っているとヤニによって歯が黄色くなりますね。それは皆さんご存知の通りだと思います。しかし、タバコの害はそれだけではないのです。歯に及ぼす影響はタバコを吸う人はたくさんあるということを知っておきましょう。

歯が黄色くなるだけじゃない。。タバコは歯に対してこんなに危険まとめ

歯周病を進行させる

タバコを吸うと口の中が乾きます。すると歯周病が進行しやすくなるのです。歯周病は最終的に歯を溶かしてしまう怖い病気のうちの1つです。ですから歯周病の人がタバコを吸っていると、それは赤信号のサインなんですよ。禁煙を考えてみるか、歯周病をしっかり治してしまいましょう。

歯を失うリスクが高くなる

これも歯周病に関係しますが、タバコを長く吸っていると口の中の環境が悪くなり、歯にダメージを与えてしまいます。当然歯周病も進行し、歯が欠損する可能性が高くなります。免疫力も低下させてしまうので、歯自体がもろくもなります。ですからタバコを長年吸っている人は歯が欠損する可能性が高いと言われています。

歯石を除去してもすぐに元に戻る

歯科医院で歯石除去をしっかりしてもらっても、すぐに元に戻ってしまうのがタバコの害の1つです。エナメル質にニコチンはすぐに沈着してしまうので、それと同時にプラークも沈着してしまいます。そして石化して歯石になるのです。

また舌のがんや口に関係するガンにもタバコが関係していることが分かっています。歯に対しても悪影響があることから分かるように、早目に禁煙をしたほうが口の中の衛生面からしても、健康上からみても良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick