// //
list

歯が抜けてしまった。。もしかしたらまだ間に合う!緊急措置まとめ(歯科医院へ処置へ行く前の処置と抜けた歯の保存方法)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯が抜けてしまった場合、どう対処したらいいのでしょうか?実はすっぽり抜けた場合、まだ間に合う可能性があるのです。間に合うって何に?とお思いの人もいるでしょうが、植えつけることが可能なのです。

それには正しい対処法が必要となります。

歯が抜けてしまった。。もしかしたらまだ間に合う!緊急措置まとめ(歯科医院へ処置へ行く前の処置と抜けた歯の保存方法)

まず乾燥から守ること

まず歯が抜けたら、抜けた歯を牛乳に入れた瓶に保管して持ち運びましょう。またはぬれたガーゼで包んで頬の間に挟むようにしておきます。

歯根膜を守る

歯を守っている歯根膜に埋もれている歯根は歯根膜にしっかり保護されているのですが、これが乾燥に弱く、放置すると20分もたたないうちに死んでしまいます。すると植えつけることが困難になりますので、30分以内に歯医者へ行く、総合病院の口腔外科に行くことがオススメです。

洗う場合も慎重に

抜けた歯は流水で20秒ほどすすいでおきましょう。
しかし、この際、30秒以上もすすぐと歯の根っこの繊維が除去されますから、20秒程度でよいのです。その後すぐに牛乳の瓶につめます。そしてすぐに近くの歯医者へ持っていきましょう。

歯が抜けたときは自分でもびっくりします。
しかしびっくりしている暇はありません。1時間以内ならまだ治療が可能となりますが、それ以上になるとどうしても元通りに歯を元に戻すことができなくなってきます。

時間との勝負になりますから、びっくりするのは後回しにしておいて、とりあえず歯を保湿することを必須に、病院へ駆け込みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick