// //
list

治療中の仮歯は注意、避けた方がいい食べものまとめ(仮歯がとれる、欠ける、溶けてしまう食べ物など)

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の治療中に気になることはたくさんありますよね。その中でも仮歯にしている時に、何を食べればよいか?何を噛んではいけないのか?という疑問にスポットを当ててみます。
今回は仮歯で注意したい、避けたい食べ物をご紹介します。

治療中の仮歯は注意、避けた方がいい食べものまとめ(仮歯がとれる、欠ける、溶けてしまう食べ物など)

硬いものを噛むのはやめよう

仮歯はそれほど強度がありません。
ですから硬いものを噛むのは控えておきましょう。柔らかいものばかり食べるという意味ではありませんが、硬いせんべいや飴を噛んだりするのは仮歯が欠けてしまう原因になりますから、やめておいたほうが無難ということです。

柔らかくひっつきやすいものもやめよう

また正反対の柔らかくひっつきやすいものも仮歯の場合注意が必要です。チューイングガムのようなひっつきやすいものは、仮歯を取ってしまう可能性が否定できません。有名なチューインガムで銀歯が取れたという経験を持っている人はたくさんいるようですし、キャラメルだって同じです。ひっつきやすいものは虫歯にもなりやすいですし、できるだけ避けるようにしましょう。

被せものができるまでは辛抱しよう

最近の技術は素晴らしく、出来上がった銀歯や被せものは非常にうまくできています。かぶせて調節すれば、なんでもサクサク噛むことができますし、粘着力のあるものを食べても取れることがありません。硬いものも安心して食べることができます。魚の骨だって噛み砕くことができます。

ですから、総合して言えば、仮歯の場合はとにかくガマンして、硬いものや粘着力のあるものを避けるように、食べないようにしましょう。そして無事治療が終わったら、思う存分それらを堪能すれば良いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick