// //
list

歯並びが問題?「出っ歯」「しゃくれ」の原因まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

出っ歯やしゃくれと言われる歯並びの人がいますね。それはどうしてできるのでしょうか。何故そのような歯並びになってしまうのでしょうか?これには遺伝や生活習慣などが関係して起こっているようです。原因や解決法を考えてみましょう。

歯並びが問題?「出っ歯」「しゃくれ」の原因まとめ

先天的には遺伝によるもの

骨格や歯のサイズなどは遺伝によるものです。親が出っ歯だと子供も同様に出っ歯になる可能性が極めて高いと言えるでしょう。
また、舌のくせとして飲み込む際舌で歯を押したり、上下の歯の間から舌を見えるように突き出すクセがあります。これが出っ歯の可能性になるケースもあるのです。

しゃくれも生活習慣が殆ど

しゃくれ、受け口なども先天的なものは遺伝によるものですが、普段の口の筋肉の動かし方で歯並びがでこぼこになってしまうケースがあるのです。

指しゃぶりが原因?

幼児は指しゃぶりをしますよね。これが歯並びに影響しているという説もあります。しかし、3歳までなら指しゃぶりをしていても問題はないということです。5歳や6歳頃の指しゃぶりは歯並びに関係してきますから、やめさせるべきでしょう。

では出っ歯やしゃくれ口になってしまったらどうしたらいいの?と思いますよね。今までなら手術というケースが多かったのですが、最近は矯正で治すことができるようになっています。出っ歯、受け口、しゃくれなど、矯正で小さいうちに治してしまいましょう。
将来思春期に入った頃に悩まないように親が配慮してあげるのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick