// //
list

口内から膿み。。歯根のう胞の原因と治療法、対処法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯根嚢胞(しこんのうほう)というものを知っていますか。口の中から膿が出るという恐ろしい病気です。酷い口臭がしますし、潰すと黄色い汁が出てきます。歯茎におできのようなふくらみができて、傷む場合もあります。

口内から膿み。。歯根のう胞の原因と治療法、対処法について

何故歯根嚢胞(しこんのうほう)はできる?

歯根嚢胞(しこんのうほう)は死んだ神経の先にできる膿です。神経の空洞に汚れが溜まって、それが膿になって神経の先に溜まっていくのです。潰すと膿が出て、酸っぱい味がし、とてもくさいです。大きく腫れ、傷むこともあります。

治療法は袋ごと取る?

歯根嚢胞(しこんのうほう)の治療法としては根っこの治療を行います。
膿をかき出す治療を行った後、薬を詰めてかぶせものをするのですが、これでも治らない酷い歯根嚢胞(しこんのうほう)の場合は袋ごと取る手術が必要になります。すると袋のあった場所には自然に骨ができますので、安心ですね。

気になるなら受診しよう

歯根嚢胞(しこんのうほう)なのか、ただの腫れなのか判断がつかない場合、歯科医院を受診しましょう。歯根嚢胞(しこんのうほう)でしたら根っこの治療が必要になりますし、ただの腫れであるなら歯茎や歯の磨き方をレクチャーしてくれます。
もし、歯根嚢胞(しこんのうほう)なら口臭を放ち、膿が口から出て、それは自分自身でも気持ち悪くなるものです。

ですので早目に治療を行うことが望ましいでしょう。歯周病を併せ持っている場合、そこから膿が出ることもありますから、やはり専門のクリニックを受診したほうが明確です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick