// //
list

歯列矯正はいつ頃からはじめた方が良いの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯列矯正というと、歯並びを美しくするための装置をつけて、矯正するという治療です。歯並びを良くしたいという方は、実際のところいつ頃から始めればよいのでしょうか?
それは成長期にある子供の頃からと言われています。

歯列矯正はいつ頃からはじめた方が良いの?

子供のうちに矯正するわけ

まだ歯列、骨格が完全でないので、矯正に抜歯などが必要なく、スムーズに矯正ができるというメリットがあります。ただし、デメリットとして矯正装置をつけ続けていることが子供にとって精神的に負担を与えることになってしまいます。

大人になってから矯正するわけは?

大人になってからでも矯正は可能です。やはり見た目がよくなるというメリットがあるので、矯正を行う人が多いようです。特別噛み合わせが悪いわけではないのに見た目が悪いと印象が悪いと言って矯正する大人も多いんですよ。

大人の矯正のデメリットは?

大人の矯正には実はお金がかかります。子供の成長期のスムーズに矯正できる時期を過ぎていますから、治療期間が長くなり、それだけ費用がかかるということです。
できれば子供の頃に歯列矯正は行っておきたいものです。そのほうが治療期間は短くて済みますし、永久歯も正しい位置に生えてきます。永久歯がもし斜めに生えてきてもその頃に矯正を行えば正しい位置に戻ってくれますし、スムーズに矯正を終了することができるでしょう。

このように矯正を行う場合、大人の場合は期間がかかるということを覚えておきましょう。また自分の子供の歯並びが気になるなと感じたら、早目に矯正することがオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick