// //
list

いろいろある歯列矯正の治療法の種類まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯並びが悪いと何かと印象が悪く見えてしまい、また不潔に思われてしまうのではと、後ろめたく感じてしまいますよね。
子供の頃に矯正したのならそれでよかったのですが、大人になってから矯正を始めるとすれば、どのような方法があるのでしょうか。

矯正にも色々な種類があります。

いろいろある歯列矯正の治療法の種類まとめ

ブラケットを使う

金属ブラケットという方法が主流となっているようです。
歯の表側に装着し、金属製で丈夫です。

他の装置よりも安く済みますから、小さい子供などに矯正させる場合、この金属ブラケットを使う場合が多いですね。

審美ブラケットを使う

白、透明の目立たない色のブラケットを使う方法です。
表面につけるのは金属ブラケットと同じなので、全く見えないということはありません。

しかし多くの種類の歯並びに効果的で、金属アレルギーなどの人にも安心して使うことができます。

マウスピース型を使う

ワイヤーのブラケットを使わず、透明のマウスピースを装着します。マウスピースは自分で着脱可能となっています。周囲の人から殆ど気付かれることがないので、大人で矯正を始める人はこれを使うと良いでしょう。

ただし、金属ブラケットは安く済みますが、マウスピース矯正は値段が少々高いのです。

また指定された装着時間を守らなければマウスピース型はなかなか歯の矯正が進まないことになります。いずれもメリットやデメリットがありますから、個人差に応じて使い分けると良いでしょう。

審美ブラケットでも充分ぱっと見は分かりませんから、金額と照らし合わせるとそれ相応と言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick