// //
list

顎を鳴らす癖は注意?顎関節症の危険性

このエントリーをはてなブックマークに追加

あくびをした際や大きく口をあけた場合にカクンと音がなったりしませんか。顎を知らない間にカチカチと鳴らしていませんか。ストレスがたまっている場合にそのようなことをする人もいるようですね。
しかし、顎関節症という症状を引き起こす可能性がありますから、そのような行為はやめたほうが良いのです。

顎を鳴らす癖は注意?顎関節症の危険性

リスク度チェック

生活スタイルの中で、あなたが顎関節症になる可能性が高いかどうか調べることができます。歯を食いしばる癖がある、歯軋り、うつぶせ寝、ガムを1日中噛んでいるなど、色々チェック項目がありますので、一度チェックしてみると良いでしょう。

食事のたびに辛い思いをすることも

顎関節症は放っておくとどんどん悪くなっていきます。薬を服用することもあるんですよ。食事のたびに口をあけるたびに痛い思いをすることになります。噛み合わせが原因だと言われていますが、柔らかいものを食べてばかりいたり、ストレス、過労なども原因だと言われています。
また、顎に負担をかけているという生活習慣も関係しています。例えば頬杖などもそうなのです。クセでついついやっていることが顎にとって負担になっていることが多々あるということです。

治療法は薬物療法

治療法としては薬物療法が中心となります。
また、口の開閉により顎を動かす訓練も行っていきます。治療期間は個人差がありますが、1ヶ月または半年以上とも言われています。顎をカクカクと鳴らすクセのある人は注意が必要ですね。自分自身の生活スタイルの修正を試みることが必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick