// //
list

幼少期からの習慣が重要!巻き爪・深爪にならない爪の切り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

巻き爪、深爪で悩んでいませんか。これは幼少期の頃からの爪の切り方に問題があります。ですから親が子供の爪を切ってあげる際には気をつけて処理してあげることが大切です。

幼少期からの習慣が重要!巻き爪・深爪にならない爪の切り方

正しい足の爪の切り方

爪切りは専用のものを使いましょう。スクエアオフという形にそろえるのが足の爪の一番良い形だとされています。お風呂上り等、爪が柔らかいうちに切るのが簡単だとも言われていますね。

また巻き爪の人も諦めないで良いでしょう。爪を伸ばした状態で、スクエアオフにするカットの仕方をすれば、巻き爪も軽減することができますし、改善する余地はあります。

どうしても自分で改善できない場合は皮膚科に行って相談してみましょう。

スクエアオフというカットの仕方は?

まず長さは爪が引っかからない程度、まっすぐに横方向に切ります。
その後、角ばった角を落として完成です。もう少し切りたいなと思う手前でやめるのが最もよい長さだと言われているので、深爪しないように気をつけましょう。

巻き爪は深爪が原因だった?

巻き爪で悩んでいる人は深爪をしている傾向にあります。爪の白い部分がないケースが多く、爪が充分な機能を果たせない状態でいます。力が伝わらないので必要以上の力を使ってしまい、不便を感じることもあるようです。深爪は巻き爪を引き起こします。ですから極力足の爪は慎重に切ることをオススメします。

幼少期の小さい頃からそれは行われることですから、親がしっかりした知識を持って爪を切ってあげる、またはレクチャーしてあげることが大切ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick