// //
list

仕事中はどうしてもコーヒーが多いけど、コーヒーの効能やメリット・デメリット、ポイントまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事中の午後のひととき。なんだか眠気がさしてきて、コーヒーでも飲んでバリバリ仕事がしたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。
実際コーヒーを飲んで仕事をしている人は多く見かけます。コーヒーにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。また、本当に眠気覚ましに効果的なのでしょうか。

仕事中はどうしてもコーヒーが多いけど、コーヒーの効能やメリット・デメリット、ポイントのまとめ

脳の活性化

コーヒーには脳を活性化させる働きがあります。
これがコーヒーを飲むと目覚めすっきり!の理由となっているのですね。脳の働きや頭の回転を早くするという実験データも得られていることから、仕事中にコーヒーを飲むという手段はあながち間違ってはいないようです。

覚醒作用がある

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があります。そのため、眠気覚ましにはぴったりなんですね。その効果を実感しつつ、飲んで仕事をしている人は大勢いることでしょう。

しかし、カフェインには耐性がつきますから、頻繁に飲んでいるとそのうちあまり効果を感じられなくなる可能性があります。

コーヒーを飲むと口臭がキツくなる?

仕事をばりばりやりたいからといってコーヒーをたっぷり飲んでいると、口臭がキツくなるということもあります。カフェインには眠気覚ましの効果がありますが、唾液の分泌量を減らす作用もあるのです。そのため、口内が乾いて口臭が起こってしまうのです。

しかし、コーヒーを飲むことを習慣としている人は、なかなか仕事中のコーヒーをやめることができないでしょう。ですから、コーヒーを飲んだら水を飲む、ガムを噛むなどの対処法を行えば、周囲に不快に思われずに済むでしょう。

どちらにせよ仕事中のコーヒーは仕事の効率があがることに間違いがないようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick