// //
list

飲んだ後はしめのラーメンがデフォルトだけど健康面における気をつけたいポイントまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会などで楽しく飲んだ後には、お腹がいっぱいでも何となくラーメンが食べたくなってしまいますよね。飲んだ後にシメのラーメンというのは、本当に美味しいものですが、健康面では気をつけなくてはいけないことはあるのでしょうか。

そもそもどうしてお腹がいっぱいでも飲んだ後にラーメンが食べたくなってしまうのか不思議に思いませんか?

飲んだ後はしめのラーメンがデフォルトだけど健康面における気をつけたいポイントまとめ

お酒を飲んだ後の肝臓は大忙し

お酒を飲んだ私たちの体は、アルコールを分解するために肝臓の中では血液中にある血糖をたくさん消費し始めます。体の中で血糖を沢山使用すると、私たちはお腹がすいてきたなと感じとってしまいます。

本当にお腹が空いたというのではなく、血糖が少ないから感じてしまうものなので実際にはお腹が空いているわけではありません。

ラーメンの摂取カロリーをご存知ですか?

飲み会などの席では、普段の食事よりもたくさん食べてしまったり、高カロリーのものを食べてしまうことも多いものです。それにプラスしてシメのラーメンとなると摂取カロリーは計り知れないと思います。

どんなラーメンでも、最低500kcalはあるのが普通です。
そう考えると健康によいわけがありませんね。

飲んだ後のしめのラーメンは、とても魅力的ですが、できるだけ食べないように我慢した方がよいと思います。

ラーメンに変わるものを提案!

沢山飲んでシメのラーメンを食べてしまった翌朝には、胃がもたれていたり、体がむくんでしまったりと後悔してしまうことの方が多いのではないでしょうか。それでもシメのラーメンを食べたくなってしまったら、野菜ジュースや温かいお茶などを飲むとお腹が空いた感覚は落ち着いてくると思います。

飲んだ後には、シメのラーメンではなくゆっくりとお茶して過ごすというのが体にとっては優しくてよい方法かもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick